…衣装の話なんですけど、それだけだとあっという間に終わってしまうので、オレの漫画描きとしての衣装への意識の変化を描き始めた当時の様子を交えて語って行きたいと思います。

その1 あの頃のじょじろ〜
マンガを描く上でキャラの衣装って大切じゃないですか。
でも、マンガを描き始めた時、そんなこと気にもしなかったんですよ。
オレの漫画描きのきっかけはドラゴンボールなんですが、当時のオレはひたすら悟空っぽいキャラばかり描いてました。つまりその頃のオレにとって、キャラの描き分けは顔だけであり、衣装は全てあの道着しか描けなかったのです。でもその頃そんなの事を気にする繊細さはなく、キャラは「服を着ている」ことさえ伝われば全然OKだと思ってました。というか、この頃は絵を描くのが好きで描いてただけで誰かに何かを伝えようと言う意思は皆無だったと思います。無理もないでしょう、小学2年生なんだから。。。


その2 とりあえずひたすらバトルマンガ
小2で描き始めたマンガですが、ただひたすらバトルを描いていました。ストーリーなど考える力もなく、当時の漫画は表紙絵もなく最初の1コマ目からいきなりバトルが始まりますw4コマ的な決まった大きさのコマを自由帳にたくさんならべてその中に描きこんで行くんですが、ポーズとかも当然描けないのでまるで昔のポケットゲームみたいに同じ構図でキャラを戦わせるわけです。ちなみに一番最初に描いたバトルマンガは天下一武道会をしてる話でしたwストーリーも作れなければキャラを作り出す技術もなかったので、当時のジャンプのキャラがそのまま使われていたと思います(タルルートくんとか)。本来戦うキャラじゃない人も全て戦士として使用してました。これが何故か友達に見せたら受けたので、オレの漫画生活はスタートしてしまったわけです。

その3 突然のスランプ?・・・そして復活したけどやっぱり。。。
学年が変わり、小3になるとぱったりとマンガを描くのをやめてしまいました。スランプ?いえいえ、そもそもマンガを描くことにそれほど執着してませんでした。この頃からオレは気まぐれな性格だったわけで、休み時間は友達と外で遊ぶ方が楽しかったんです。そして放課後は友達の家でファミコンしてました。で、小3の途中か、小4あたりからまた漫画生活が始まります。きっかけはやはり友達に受けたから。当時の絵は今でこそまるで見れたものではありませんが、当時のオレは絵が上手いと自負してました。実際、周りの人よりは少しだけ上手かったんだと思います。そして、漫画の内容はやっぱりバトルマンガでしたw
でも小2の頃と違うのは少しコマ割りがまともになり、そこそこ色んな構図を描いていたことです。でも全然へたっぴでした。


その4 我がクラスに空前のマンガブーム
またまた学年が変わりクラス替えが行われると、今まで見てくれた人と離れ離れになってしまい、途端に描くのをやめてしまいます。特にこの頃は照れも芽生え始め、学校では描かなくなりました。たま〜に家で描いてた気がします。少し話が飛びますが、小6の頃、小3、小4で一緒だったよく漫画を読んでくれた友達とトイレでばったり会ったことがありました。その友達はとてもオレの漫画が好きなんだと思っていたので、また見せてよ、って言われるかなと思ってたら「まだあんなの描いてるの?」って言われてショックを受けたのを覚えています。嫌味で言ったつもりではなかったんだろうと思いますが、心のどこかでまた見てもらいたいと思って細々描いてたので、あの言葉は今でも思い出すと少し胸がちくっとします。ちなみにそれを言われた後くらいから小4くらいから描いてたバトルマンガはもう描かなくなった気がします。
で、話を戻しますが、小5に上がりたての頃は読んでくれる人もいなかったし、自分から漫画を描いてることをアピールするほど、やはり執着心もなかったため、友達とフツーの遊びをしてました。そんななか、恐らく3学期に差し掛かった頃だったと思いますが、我がクラスでは空前のマンガブームに突入したのです。しかも読むほうではなく描くほうでした。きっかけは友達の一人が漫画を描いて人に見せたことでした。そしたら周りの人間もオレも描ける!と描き出し、5,6人がプチ漫画家としてデビューしましたw
そのブームにオレも刺激され、ついには一つのノートに皆で漫画を描きあって雑誌みたいにしよう!って話になりました。・・・が、所詮は子供の流行風邪、最初の一人がなかなか描き終わらないうちに熱が冷め、1冊も完成することなくブームの火は消えました。でもただ一人、いや、正確には他にもいた気がするけど、火が付きっぱなしになった人がいました。そう、じょじろ〜です。

その5 漫画好きの友人とアニメイトとの出会い
あっという間に去っていったマンガブームでしたが、その中でマンガこそ描いてなかったけど、マンガを描くことに興味があった友達と仲良くなり、その人が持っていた漫画家セットを見せられ一気にマンガに対する興味が涌きました。漫画家セットと言うのは付けペンや原稿用紙、スクリーントーンなどプロの漫画家が使う道具です。なんかのポイントを貯めてもらったと言ってました。初めて本物に触れオレのテンションは最高潮に達しました。その友達と一緒にストーリーや設定を考え、一つの作品を作っている時は至福の瞬間でした。小6になると小4の頃から始まったクラブ活動で迷うことなくマンガクラブを選び、その友達とは卒業までマンガを通じて楽しく過ごしていたのを覚えています。この頃友達に教えてもらったアニメやマンガのグッズ専門のお店「アニメイト」はオレにとって聖地でしたwと言ってもアニメグッズにはそれほど興味がなかったので、マンガを描く画材を買いに行くのが主でした。余談になりますが、オレをどっぷりマンガの世界に引き込んだ友達は実は小2の頃のクラスメートでもあり、当時この友達の家に遊びに行った事もありますが、その頃はお互い全く漫画の話題はしてなかったと思います。時を経て久々に再会した時、お互いが興味を持っていた漫画でつながったのは不思議な縁だと思っています。

その6 活動の場は完全に自宅へ
つーか、衣装の話ドコいったんだ?ってそろそろ突っ込まれそうな気がしてきた( ̄ー ̄;)
まあざっくり話すと、この小学生時代はまだまだ「見せる」ことよりも「描く」ことに自己満してたので、衣装は適当なままでした。無地の長袖シャツに無地の長ズボン。これしか描けなかったですw人が沢山出てくる場面でも皆この衣装でしたwちなみに悟空の道着を依然引きずっていたので、シャツはズボンにインしてますww女の子はスカートの方が簡単じゃね?と思う人もいるかもしれませんが、当時少なからず友人に見せる機会があった漫画に当時のシャイなオレは女の子を描くことなんて出来ませんでした。だって女の人の特徴を描く時におっぱいを描く必要があるでしょ?胸のふくらみなんて描いたら誰かにからかわれそうで描きたくても描けなかったんですよ。でも逆に、女の子ばっかりを描いてる猛者もいたんです。軽く嫉妬してましたw…え?今は女の子描くの大好きですよ( ̄ー+ ̄) というかむしろ大人になるとかわいい女の子を描くおっさんが多くて、衝撃を受けました。こ、こんな可愛い子を描いていたのがまさかあんなおっさんだったなんて!!っていう衝撃ですwええ、今ではすっかりそのおっさん側ですよorz ショック与えてたらごめんよ、若者たち。
・・・なんかものすごく話が脱線してしまいました。戻します。
中学生になったオレは益々思春期真っ只中に突入したので、漫画を描いてることすら人に話すのが恥ずかしくなっていました。元々オレが漫画を描いている事を知っていた人にさえ、「今はもう描いてないよ」って言ってたほどです。でも何故か先生には漫画描いてる事を話していたので、その先生からは、物語を考える上でとても参考になるから小説を読みなさい、と勧められ何とか頑張って2冊くらい読んだ気がします。当時のオレには活字は無理でした。先生すいません。

そんな恥ずかしがり度がピークだった中学時代、しかし漫画への熱は衰えることを知らず、漫画描きにどんどんのめりこむ事になりました。読んでもらう人は、友達から兄弟へと移っていきました。そのままの状態が高校卒業まで続きます。

その7 ようやく衣装を意識し始める
すんません、むしろ今回のコーナーはここから話せばよかった気もしますが、もう少々お付き合いくださいませ。
衣装に気が向くようになったのは中学生くらいの頃からだと思います。自宅で描くようになり、女の子も恥ずかしがらずに自由に描けるようになると、今までの顔だけの描き分けでは限界を感じ始めたのです。というか、どうせ女の子を描くなら可愛く描きたい。でもどんなに顔を可愛く描いても服がダサいと全く可愛くない・・・。そこで、衣装に意識が向くようになり、今まで描いてた男のキャラも悟空の道着を脱ぎ捨てました。とはいえ、そもそも自分自身がファッションに興味がなかったので、その当時の衣装ってのも実はたかが知れてますw 襟が付いたとか、ちょっとパーカー的なものを着させてみたとかそんなものです。そして、この位のセンスの衣装を今リアルに自分が着てる気がします。。おしゃれは完全に漫画の中のキャラに託してしまったようです。


その8 高卒後、漫画投稿生活 ・・・そして今現在に至る
じょじろ〜自身が少し疲れてきたので、ここらでさくっとまとめて終わりにしたいと思います。
ちょっとだけキャラクターの衣装に気を遣う、と言う状況は実はここ最近まで続いてました。中学の途中くらいから高校そして、社会人になりスローな投稿生活を経てワリと最近まで、少なくとも初コミケを経験し、同人生活をスタートさせた時点ではまだその状況だったと思います。それは初の同人誌、「ナツメグリ」の衣装を見ればわかるかと。この頃はちょうど衣装に力を入れ始める移り変わりの時期かと思います。どこにその差があるのかというと、資料を使っていたか、いないかの違いです。「ナツメグリ」以前は、ほとんど資料は見ず、想像だけで衣装を描いています。一方「ナツメグリ」では一部衣装を新聞の折り込みチラシにある某ファッションセンターから抜粋してたりしましたwそれ以前でも着物のイラストなどを描く時にはその柄を資料から参考にしたことはありますが、それは自分のイメージだけではどうにもならない時のみです。その後はファッション誌やネットショップなどを参考に時にはほぼそのままの衣装で、時にはアレンジを加えて描いています。今回の「星に願いを★」3作目では、主要キャラは半々くらいで参考にしてますが、ゲストキャラについては一部を除いてほぼ参考にしてます。一応ファンタジーの世界なんで流行を追う必要はありませんが、今主に参考にしているファッション誌は4年位前のものなので、そろそろまた買いなおしたいなあ、と思う今日この頃です。ちなみに初めてファッション誌を手にしたのは6、7年前で、友達に衣装の参考になる資料があればなあ、とぼやいたところ、姉貴の残していったファッション誌があるよと、くれたのがきっかけでした。当時はそれを参考にした記憶がありますが、最近それを見てみたら明らかに古くもう参考にならなくなってました・・・。2000年に発行されたファッション雑誌で、90年代色が結構濃く、当時学生だった自分の周りがこんなだった事に少し驚きです。自分の脳内では勝手に記憶が変換され、今とそれほど大差ない格好をしてたような気がしてたからです。さすがに10年も経てば、雰囲気もガラッと変わるんですね。10年後、オレがファッション誌を参考に描いたキャラたちの格好はダサく見えるのかな?まだちょっと想像が付かないので、怖くもあり、楽しみでもあります。
…なんか随分と長々と話してしまいました。ぶっちゃけ衣装の話題をしてるのは、1、7、8くらいですね( ̄ー ̄;)
今では参考にした衣装を元にちょいと小物を付け加えたりアレンジするのが楽しかったりします。実際オレ自身は冒険する意志が弱く、割と地味〜な衣装に身を包んでいますが、オシャレしたい気持ちがない訳ではありません。でも、体型が崩れ気味なので、大概の服は着てみると(服の)かっこよさ-5くらいになってしまい、正直へこむことが少なくないですorz
だからこそ、オレの代わりにキャラにいろいろ着せて楽しんでしまうんですよね。オシャレってむずかしい。。。


戻る


PAGE TOP